よくある質問

質問

質問

質問

質問

質問

回答

税務署その他役所に提出する申請書の作成や届出はして貰えるのですか?
新会社設立の場合や税務関係の申請書・届出書を提出する場合、当事務所で作成・提出します。書類作成に関する報酬は一部のものを除き顧問料に含まれているので心配ありません。
銀行への決算説明など同席をして貰えるのですか?
もちろん同席させて頂きます。設備投資や運転資金などの借入の場合にも、書類作成を含め、できる限りより良い条件で融資を受けられるようにお手伝いします。
電子申告に対応していますか?
はい。当事務所では電子申告を100%実施しています。
試算表・決算書の見方など教えてもらえますか?
お客様自身が経営状況について把握していただく事は、お手伝いさせていただく当事務所にとっても、とても有意義なことだと考えています。巡回の際に試算表を必ずお持ちしていますので丁寧にお伝えしますし、決算書についても決算報告という形で詳しく報告しています。お気軽に申し付けください。
起業して間もなく、経理の仕方が分かりませんが指導して貰えるのですか?
起業してしばらくは営業活動に専念してください。その間の経理は当事務所にお任せ下さい。軌道に乗ってきたら会計ソフトの導入など、どのようなお手伝いが最適かを含め経理指導を行っていきたいと思います。
今の顧問税理士はあまり訪問してくれません。訪問はどのくらいのペースでしていただけるのですか?
当事務所は原則毎月のご訪問をさせていただいております。けれどもお客様のご要望や、あえて毎月訪問する必要がない場合には2ヶ月又は3ヶ月に一度の間隔でご訪問させていただいております。
経理の管理をパソコンで行いたいと思っていますがパソコンに詳しくありません。教えて貰うことはできますか?
パソコンに詳しくない方でも、すぐに経理の処理を進めていただけるように、経理用ソフトの導入から、入力方法など指導させて頂きます。お客様と当事務所のパソコンをネットで接続して画面を共有するシステムを活用し、電話でお話ししながら、操作の指導もさせていただけます。
税務調査にも立ち会って貰えますか?
はい。きちんと税務調査に立ち会いますので、ご安心ください。税務署から何を指摘されるか分からない税務調査も、日頃からしっかりと税務会計を行っておけば、何一つ慌てる必要はありません。また、税務調査時に何か指摘されたとしても、当事務所の公認会計士が調査官とやり取りし、円滑に進めてまいりますので、どうかご安心ください。
贈与・相続対策の相談に乗っていただけますか?
はい。当事務所の経験豊富な税理士がご相談に対応させて頂きます。

pagetop

回答

会社を設立したばかりですが、公認会計士事務所と聞くと敷居が高い感じがします。費用はどれくらい発生しますか?
一般的に、税理士事務所より公認会計士事務所の方が料金の高いイメ−ジがあるようですが、一概にそうではありません。特に当事務所は、起業を目指しているお客様をバックアップしていくために、新会社設立のお客様については、一年間、顧問料を通常より低く設定いたしております。詳しくはHPをご覧ください。
記帳はパソコンを使い、自社で行っています。3カ月に一度くらいの訪問でチェックしていただくだけでよいのですがお値段はお安くなりますか?
お客様のニ−ズに合わせたきめ細やかな料金設定をしております。一度、ご相談にお越しください。

pagetop

回答

会計ソフトを導入したいのですが、どうすればよいですか?
当事務所指定の会計ソフトでは、お客様が会社内で入力したデータは当事務所にタイムリーにバックアップがとれるシステムを導入することが可能です。 そのため災害その他パソコンの不具合によりデータが飛んでしまっても安心です。
会計ソフトは何を使えばいいですか?
どんなソフトでも構いませんが、当事務所指定のソフトをご使用していただける場合には割引を行っております。

pagetop

回答

公認会計士とはどんな職種ですか?
公認会計士とは、財務・税務のスペシャリストです。公認会計士の独占業務である“財務諸表監査”や“内部統制監査”といった監査証明業務やコンサルティング業務、各種税務業務など、その業務内容は多岐にわたります。また、無試験で税理士、行政書士登録を受けることができるなど、まさに企業経営を助けるプロフェッショナルといえる職種です。
会計士を選ぶ際の基準を教えてください。
会計士事務所を選ぶ際、皆様はその事務所の得意分野やこれまでの実績に注目されるでしょう。もちろん、得意分野や実績は非常に大切な要素ですが、それらと同じくらい重要なのが、会計士のコミュニケーション能力です。いくら会計業務に精通していても意思疎通ができなければ、きめ細やかなサービスは受けられません。しっかりと相手の話を聞いた上で親身になって考えてくれる姿勢も会計士に求められる大切な要素なのです。
個人事業主でも、公認会計士に依頼するメリットはありますか?
もちろん、メリットはあります。個人事業主であっても経営者ですので、法人の場合と同様に納税は非常に重要です。むしろ法人よりも限られた資金の中で事業を行うことの多い個人事業主では、節税などの効果もより高く感じられるのではないでしょうか。磐石な企業活動のためにも、ぜひ税務のプロである公認会計士に依頼ください。

pagetop

回答

相談内容・依頼内容が外部に漏れないか不安なのですが・・・
少なくとも当事務所において、その心配は不要です。昨今情報流出が問題になっていますが、元来、公認会計士には、法律によって職務上知り得た情報を外部に漏らしてはいけないという守秘義務が課せられています。もちろん、情報管理に関しては当事務所全体で最大限の配慮をしておりますので、ご安心ください。
経営者の生前に事業承継する必要ってあるのですか?
企業の規模に関わらず、企業経営において事業承継はトラブルが起こりやすい事柄です。 また、経営者の生前に事業承継をしていないと、事業承継に故人の遺志を反映することもできません。経営者様を含めて、誰もが納得できる形で事業承継を進めることができれば、後々のトラブルも回避できます。当事務所では、生前からしっかりと対策を講じておくことをお勧めします。
M&Aって、大企業だけのものというイメージがあるのですが・・・
そんなことはありません。平成18年に会社法が施行され、以前よりも会社の組織変更や合併、分割がスムーズになったおかげで、中小企業においても事業譲渡や経営権の売却などが事業承継の解決策となってきました。M&Aに関する知識・実績も豊富に有する当事務所では、お客様のご依頼に応じて、最適な再編手段を検討・提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら