相続・贈与サポート:生前対策/相続税試算

生前対策

相続財産が5000万円を超えたら生前対策を!
相続税の基礎控除=5000万円+1000万円*法定相続人の数

遺産の評価額が相続税の基礎控除の金額以下であれば相続税を支払う義務はありません。
しかし、その金額以上の相続財産がある方は、生前の相続対策が必要です。
残すべき資産を次世代に無理なく承継するために、
生前対策は早ければ早いほどメリットは大きいものです。

相続税の試算については、お問い合わせメ−ルからお問い合わせください。

生前対策は3つの対策が基本です
  • 節税対策―贈与を含め早い時期から対策
  • 納税資金の準備―現金の準備
  • 『争族』対策―遺言書の作成
  •  

相続税の負担を考えた場合、誰が何を引き継げば納税負担を軽減できるか、
相続人全員が納税可能になるにはどのように財産分けを行うべきかを考慮しながらアドバイスをすることは非常に重要だと考えています。

初回お問い合わせは無料となっております。お気軽にお問い合わせ下さい

遺言書の作成

民法では相続人全員に対して、法定相続分と遺留分が保証されており、意識の高まりと共に、相続が不幸にも『争族』に発展しているケ−スが増えております。財産継承が一家離散のタネになってしまい、相続後は子どもたちが集まることもなくなり、お盆やお正月も老人の一人暮らしや本家が空き家となっているということも多くあります。

相続税対策は、あなたが亡くなったあとで子ども達相続人が遺産相続をめぐって紛争にならないようにしておくことも大切です。

昨今、遺言書ビジネスが非常に注目を浴びています
誰に遺言書の作成を依頼したら良いでしょう

弁護士や税理士といった専門家に依頼することなしに、法律や税金の知識のないまま生前に遺言書を書いたり、財産承継の対策を実行したりすると、相続後かえって不都合が生じたり、トラブルが発生することがあります。金融機関の遺言サポートの場合でも工夫はされているようですが、税の専門家ではない為にトラブルは皆無だとはいえません。税理士法人 悠久 杉本会計事務所では他士業の専門家と連携をとって、法務面、税務面の両面から満足のいく遺言をサポート致します。

生前贈与

生前に親から子などへ財産を少しずつ贈与することによって、相続財産を減らし、
相続税の負担を軽くします。加えて生命保険等の活用は納税資金を準備する上で有効です。

暦年贈与の活用 1年間に贈与を受けた金額が110万円(基礎控除額)以下なら贈与税の申告が不要な制度です。
しかし、110万円を超えると贈与税の申告が必要になります。
その際、その110万円を超える部分には、贈与税が課されます。
相続時精算課税の活用 相続時精算課税を選択した場合、1年間に贈与を受けた財産の価額の合計金額から 2,500万円(2,500万円に達するまで複数年控除可能)を控除した残額に対して一律20%の贈与税がかかります。
住宅取得資金の贈与 一定の住宅を取得するための費用または、住宅の一定の増改築のための資金について、2500万円の非課税枠に加えて、 1000万円を上乗せし、3500万円までを非課税の対象とする特例があります。
生命保険の活用 相続財産を考慮して、必要保険金額、受取人、保険料の負担を決めます。

【相続・贈与サポート】に関することなら当事務所にお任せください! TEL:06-4301-1515 【受付時間】AM9:30〜PM6:30(土日祝日はお休みです)

各部門のプロフェッショナルが、万全のサポートをいたします。

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら