経営戦略サポート:株価評価

株価評価

自社株の評価額が非常に重要なポイントになります。

後継者に自社株を引き継いでいく際に、重要なポイントは自社株の評価額です。
たとえば、業績が良く、土地などの含み益や内部留保が多い会社ですと、株価が額面の数十倍になるといったことも珍しくありません。

自社株を後継者に移転する際、贈与税は株価評価額によって計算されます。

また、相続が発生した場合でも、その評価額をもって相続税を計算することになります。ですから評価額が高いということは発生する税金も高くなるということです。

そこで、自社株の評価額を下げる対策が必要になってくるのです。

株価を引き下げる方法は、即効性のあるものから数年を要するものまで、多岐にわたります。赤字決算のような単純な方法から組織再編成といった複雑な方法まで多種多様です。また、それぞれの会社の状況により、最も有効な方法も異なり、専門的知識と経験を必要と致します。

顧問税理士がいても株価評価は特殊な業務ですので、苦手とされる方も少なくありません。税理士法人 悠久 杉本会計事務所では株価評価を専門としない税理士からの依頼もお受けして、多数の経験を有しておりますので、安心してご依頼下さい。

すでにこうした分野ではM&Aの仲介を専門とする業者も現れてきており、今後も多くのニーズが生まれると予想されています。税理士法人 悠久 杉本会計事務所は、これからの社会的なニーズに応えて、目的達成に必要な再編手段を検討・提案。さらに実行過程において生じる弊害や課税の問題などを解消することで、最良の成果を得るためのスキームを構築いたします。

よくお受けするご質問
  • いつから株価対策を始めたらよいのか知りたい。
  • 自社株を贈与したいがどの程度の税金が発生するか知りたい。
  • 非上場株を相続したが、相続税がどれくらいか知りたい。
  • 株価を下げる方法について知りたい。
  • 自社株を売りたいが売買価格がどれくらいか知りたい。
  • 引退後は退職金をもらいたいがどうしたらいいか知りたい。
  • 納税猶予の制度について知りたい。
  • 暦年贈与と相続時精算課税とどちらが有利か知りたい。

初回のご相談は無料になっておりますのでお気軽にご相談下さい。

【経営戦略サポート】に関することなら当事務所にお任せください! TEL:06-4301-1515 【受付時間】AM9:30〜PM6:30(土日祝日はお休みです) メールはこちら

各部門のプロフェッショナルが、万全のサポートをいたします。

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら