トピックス RSS

2020/02/21

令和2年度の税制改正/大阪で税理士をお探しなら杉本会計事務所


12月20日に閣議決定されたものの中から身近に関連がある内容をピックアップします。
ゞ睛讃攘税制
*つみたてNISAの勘定設定期間を令和24年12月31日まで5年間延長
個人所得税
*未婚のひとり親が生計を一にする子(総所得金額等の合計額48万円以下)を有し、かつ本人の合計所得金額が500万円以下の場合、寡婦(夫)控除を適用する。
K/猷歙
*交際費等の損金不算入制度の適用期限が2年延長され2022年3月31日までとなります。(接待飲食費の50%の損金算入の特例、中小法人の定額控除限度額(年800万円)までの損金算入の特例も含む)
但し、接待飲食費に係る損金算入の特例対象法人から、資本金等の額等が
100億円を超える法人が除外されます。
い修梁
*5G投資促進税制の創設
一定の青色申告法人が「特定高度情報通信等システムの普及の促進に関する法律(仮称)」の導入計画に基づき、第5世代移動通信システムに関する一定の設備の取得等を行った場合、特別償却または税額控除ができる制度が創設されます。


大阪の税理士なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の会社設立なら杉本会計事務所
クラウド会計なら杉本会計事務所
税理士をお探しなら杉本会計事務所
税務顧問のご相談は杉本会計事務所
税務調査で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪の経理アウトソーシングは杉本会計事務所

大阪の公益法人会計なら杉本会計事務所
会社の経理業務の改善をお考えなら大阪の税理士杉本会計事務所
大阪の相続税の申告で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪で資産税の生前対策をお考えなら杉本会計事務所

2020/02/07

株は譲渡所得、FXは雑所得の扱い/大阪の税理士をお探しなら杉本会計事務所

確定申告の時期となり、株やFXなどで昨年に利益を出された方は、そわそわとされているのではないでしょうか。

株もFXも、儲けに対してかかる税金の税率は20.315%と同じですが、注意点があります。
株とFXは、所得税法における所得の区分が異なります。
株は譲渡所得、FXは雑所得として扱われます。
ともに分離課税といい、他の所得と分離して、他の所得の金額にかかわらず、20.315%の一定の税率で税金が計算されます。
この点においては両者で共通していますが、注意すべき点は、一方で利益、もう一方で損失が出た場合に、それぞれの利益の損失を相殺できない点にあります。
例えば、株で100万円の儲けがあり、FXで100万円の損がある場合、相殺して税金をゼロとすることができません。
それぞれ分離課税であり、所得の区分が異なるからです。
したがってこの例の場合は、
・株の100万円の儲けに対して約20万円の税金
・FXではマイナスのため税金はゼロ
となります。
損益についてはトータルでトントンにもかかわらず、20万円の税金を払わなければならないということが起こり得ます。くれぐれもお気を付けください。


大阪の税理士なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の会社設立なら杉本会計事務所
クラウド会計なら杉本会計事務所
税理士をお探しなら杉本会計事務所
税務顧問のご相談は杉本会計事務所
税務調査で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪の経理アウトソーシングは杉本会計事務所

大阪の公益法人会計なら杉本会計事務所
会社の経理業務の改善をお考えなら大阪の税理士杉本会計事務所
大阪の相続税の申告で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪で資産税の生前対策をお考えなら杉本会計事務所

2020/01/17

あけましておめでとうございます/大阪で税理士をお探しなら杉本会計事務所

明けましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いいたします。
令和初のお正月となりました本年ですが、年末調整も確定申告も令和初ということになります。
令和2年のスタートということになりますが、平成のままであれば今は平成32年、新元号の「令和」が発表されたのが昨年4月のことですから、運転免許証などまだ平成32年・平成33年などと記載されているものについては、令和2年・令和3年と置き換えて読まなければなりません。私も昭和から平成に変わる時期を経験してはいますがまだ慣れません。
 
その令和2年ですが、所得税については、大幅な改正がなされます。
それに伴い、サラリーマンなどの給与所得者や特定高齢者の年金受給者についての源泉所得税も一部見直されます。ほとんどが増税事項になりますので、1月からの給与明細をご覧になると一部の方は源泉徴収税額が増えて手取り額が減っているということも多く見られますのでご注意ください。
源泉所得税については毎年発行される源泉徴収税額表をご確認ください。
所得税も、令和2年から所得控除のひとつである基礎控除が見直されることとなりますし、給与所得控除額・公的年金等控除額も変わり、事業所得の青色申告特別控除額も見直されます。したがって、所得税節税対策等をご検討の方は、今までと変更になっている点を踏まえて、十分にご注意ください。

なお、今回の確定申告における医療費控除については、医療費の明細書の代わりに領収証の提出でも認められるという経過措置は今回(令和元年分)の確定申告が最後となります。来年の確定申告ではその経過措置は終了する予定となっておりますのでご注意ください。


大阪の税理士なら杉本会計事務所
大阪の記帳代行なら杉本会計事務所
大阪の会社設立なら杉本会計事務所
クラウド会計なら杉本会計事務所
税理士をお探しなら杉本会計事務所
税務顧問のご相談は杉本会計事務所
税務調査で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪の経理アウトソーシングは杉本会計事務所

大阪の公益法人会計なら杉本会計事務所
会社の経理業務の改善をお考えなら大阪の税理士杉本会計事務所
大阪の相続税の申告で税理士をお探しなら杉本会計事務所
大阪で資産税の生前対策をお考えなら杉本会計事務所

2019/12/26

年末年始休業のお知らせ

今年中にいただきましたご厚情に心より感謝を申し上げます。
誠にありがとうございます。
来る新年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

12月28日(土)から令和2年1月5日(日)まで年末年始休業とさせていただきます。
新年は1月6日(月)より通常U通り営業をいたします。

  • 前へ
  • 次へ

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら