トピックス RSS

2016/07/21

2016 年分路線価は8年ぶりに上昇/日本一は31 年連続で銀座「鳩居堂前」

全国の国税局・税務署において7月1日、相続税や贈与税の土地等の課税評価額の基準となる2016 年分の路線価及び評価倍率が公表された。今年1月1日時点の全国約32 万8千地点における標準宅地の前年比の変動率の平均は0.2%(昨年▲0.4%)とわずかながら上向き、8年ぶりの上昇となった。都道府県別の路線価をみると、標準宅地の評価基準額の対前年変動率の平均値の上昇率が「5%未満」の都道府県は、昨年分の1都2府7県から1都2府11 県の計14 都府県に増えた。下落率が「5%未満」の都道府県は昨年の35 道府県から33 道府県に減少し、下落率が「5%以上」の都道府県は昨年に引き続きゼロとなった。線価が8年ぶりに上昇した要因には、金融緩和等の後押しもあり不動産向け投資が拡大したことや、訪日外国人の増加を込んだ店舗・ホテル需要の高まりなどがある。都道府県庁所在都市の最高路線価では、1位は東京・中央区銀座5丁目の「銀座中央通り」で、1平方メートル当たりの路線価は前年から18.7%上昇の3200 万円となった。以下、大阪・北区角田町の「御堂筋」1016 万円(増減率+22.1%)、名古屋市中村区名駅1丁目「名駅通り」840 万円(同+14.1%)、横浜市西区南幸1丁目の「横浜駅西口バスターミナル前通り」781万円(同+9.5%)と続く。
路線価日本一は、31 年連続1位となる東京・銀座「鳩居堂前」(1平米3200 万円)で、新聞
紙1枚当たり約1411 万円となる。
大阪で税理士をお探しなら大阪の税理士 杉本会計事務所のお気軽にお問い合わせ下さい。

2016/07/11

家計は「投資より貯蓄」傾向が続く/投資家比率 シニア6 割、若年層4 割

日本証券業協会の2015 年調査によると、15 年の個人投資家比率は60 歳以上のシニア層が過半
数の56%、前年より5 ポイント増えた。年収をみると、300 万円未満が48%と最も多く、約7 割が年収500 万円未満で、前年より微増した。株式保有額は「100〜300 万円未満」が33%と
最も多く、73%が保有額500 万円未満。同協会はシニアの個人投資家が増すのは嬉しいが、若年層が約4 割と上向かないのが悩みという。日銀が3 月に発表した資金循環統計(2015 年
10〜12 月速報)では個人(家計部門)の金融資産残高(12 月末)は1741 兆円。1年前と比べ29兆円増(1.7%)と過去最高。内訳は株式などが169 兆円(前年比5 兆円増)。対する現金・預金は902 兆円(同12 兆円増)と後者が圧倒する。「投資より貯蓄」傾向は、もはや日本人の特質で生活設計に深く刷り込まれた感がする。国民の多くは、現経済の雇用増や所得増は認
めるが、消費増や投資増には踊らされる気分になれないようだ。金融機関などシンクタンクは
「長期の低金利で現金の運用先がみつけにくい」「マイナス金利導入で不安は増幅している」とみる。タンス預金も増えた。日銀は「マイナス金利の名称は響きが悪い」と反省しきり…。カゴメなど上場企業は現状打破に若年層向けのIR活動に力を入れ始めたのは朗報か―。
大阪で税理士をお探しなら、大阪の税理士 杉本会計事務所にお気軽にお問合せ下さい。

2016/06/30

人手不足 経営に影響70%、職場に影響90%/人手不足職場を敬遠、転職志向が約25%

景気の緩やかな回復基調を背景に、有効求人倍率が24年ぶりの高水準に達し、また、完全失業率が18年ぶりの水準に低下するなか、人材(人手)不足が顕在化している。労働政策研究・研修機構は、企業とそこで働く労働者の二者対象に同時アンケートを実施した。調査結果の概要は、人材(人手)不足の企業の7割超が、今後一層の深刻化や慢性的な継続を予想し、職場の人手不足を感じている労働者の約4人に1人が転職等を志向しているという対照構図も明らかになっている。労使にとって人材(人手)不足問題は、70%が経営に影響を及ぼすと答え、社員の人間関係にも悪いなど職場に悪影響は90%超に達している。
人材(人手)不足を生じている企業(全体の52.1%)のうち、経営に深刻または一定の影響を及ぼしている割合は66.2%。具体的な内容は(複数回答)、「需要増加に対応できない」(45.4%)や「技術・ノウハウの着実な伝承が困難になっている」(41.5%)、「募集賃金の上昇や既存人材の処遇改善、時間外労働の増大等で人件費増加」(36.6%)等が目立つ。 労働者調査で人手不足感を持つ労働者(全体の50.9%)のうち、24.4%が転職等を志向している。さらに人手不足の企業では正社員の定着率が低く、入職率と離職率を合わせた人材移動率も高くなっている。これが常態化すると就業環境の悪化等が離職を招く連鎖が怖い。<大阪の税理士 杉本会計事務所> 

2016/06/27

仕事と介護の両立支援の推進のための助成金/ 大阪の税理士 杉本会計事務所

高齢者人口の増加とともに、介護が必要な方は増加しており、今後、団塊世代が70歳代に突入することに伴い、その傾向は続くことが見込まれます。しかし、厚生労働省が平成25年に実施した調査では、介護休業を取得したことがある労働者は0.06%のみで、会社が「介護の問題を抱えている労働者の有無」を把握している割合が51.7%にとどまります。
そこで今回は、仕事と介護の両立を目指し、介護離職者が発生しないように社内制度を整備した会社に対して支給される助成金のご紹介です。
仕事と介護の両立支援の推進のため、仕事と介護の両立に関する取組を行った事業主に対して助成金が支給されます。

【要件】
次のいずれも満たすことが必要です。
1.仕事と介護の両立に関する以下の取組を行っていること
・従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケートの実施)※1
・介護に直面する前の従業員への支援(社内研修の実施※2、リーフレットの配布)
・介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)
2.介護休業の制度および介護のための所定労働時間の短縮等の措置を就業規則等に規定していること 。
3.両立支援についての取組を紹介するサイト「両立支援のひろば」に介護休業関係の両立支援の取組を登録していること
※1 アンケート対象は原則として、雇用保険被保険者全員です。また回答率が3割以上(あるいは100名以上)である必要があります。
※2 複数企業が一緒に実施する研修は対象外です。
【支給額】 60万円 ※ただし、1企業1回のみです。

この助成金は、平成28年4月に新たにできた助成金です。業種関係なく受給することが可能で、実際に介護休業する人がいるかいないかは問われません。
アンケートや研修資料などについては、厚生労働省より資料が用意されているので、細かな準備もいらず取り組むことができます。
ぜひ介護休業に関する取組を行うとともに、助成金の申請をされてはいかがでしょうか。
大阪で税理士をお探しなら 大阪の税理士 杉本会計事務所

  • 前へ
  • 次へ

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら