トピックス RSS

2017/01/17

所得拡大促進税制を見直し 中小企業中心に拡充して賃上げ支援/大阪の税理士なら税理士法人 悠久 杉本会計事務所

2017年度税制改正では、中堅・中小企業の賃上げを支援する所得拡大促進税制が中小企業を中心に拡充される。所得拡大促進税制は、一定の要件を全て満たした場合に給与総額の増加分の10%を法人税額から控除できる制度だが、今回の改正で、新たに「前年度比2%以上の賃上げ」という要件を設定し、その際の控除率は現行より引き上げ、企業規模で控除率に差を設ける(中小企業者は増加分の22%、大企業で12%)。
今回の見直しでは、まず、中小企業者等以外の法人は、現行の要件の一つである「平均給与等支給額が前事業年度を上回ること」との要件を「平均給与等支給額が前事業年度から2%以上増加すること」に見直すとともに、控除税額を、給与
等支給増加額の10%と給与等支給増加額のうち給与等支給増加額から前事業年度の給与等支給額を控除した金額に達するまでの金額の2%との合計額(現行は給与等支給増加額の10%)とする。
一方、中小企業者等については、平均給与等支給額が前事業年度から2%以上増加した場合の控除税額を、給与等支給増加額の10%と給与等支給増加額のうち給与等支給増加額から前事業年度の給与等支給額を控除した金額に達するまでの金額の12%との合計額(現行は給与等支給増加額の10%)とする。つまり、大企業は増加給与額の12%を、中小企業者は増加給与額の22%を、それぞれ法人税額から税額控除できるようになる。

2017/01/05

新年のご挨拶/大阪の税理士なら税理士法人 悠久 杉本会計事務所

新年あけましておめでとうございます。
今年の干支は「酉」(とり)。この字は、もともと酒と深い関係のある字であって、収穫した作物から酒を抽出するという意味や、収穫できる状態であることから「実る」ということも表すようです。そのことから、果実が成熟した状態を表しているとされています。庶民が十二支を覚えやすくするために身近な動物が当てるに際して、ニワトリ(鶏)を当てたようです。トリは人に時を報せる動物ですし、また、「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支と言われています。そういった意味で、いい運気を取り込んでいきたいものです。
どうぞ本年もよろしくお願い致しますと共に、お客様にとってよき一年となりますように、お祈りいたします。
何卒本年も倍旧のお引き立てをよろしくお願いいたします。

2016/12/28

年末ご挨拶/大阪の税理士なら税理士法人 悠久 杉本会計事務所

本年中は格別のご愛顧を賜わり有り難く厚くお礼を申し上げます。
来年も社員一同、一層の研鑽と精進をし、お客様のご要望にお応えをしていく所存でございます。変わらぬご支援を当社にお寄せいただきますよう心よりお願い申し上げます。
何卒来年もよろしくお願い申し上げます。

平成28年12月28日
税理士法人 悠久 杉本会計事務所
代表社員 杉本庄吉

2016/12/09

65歳超雇用推進助成金の制定/大阪の税理士なら税理士法人 悠久 杉本会計事務所

「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)において、64歳以降の継続雇用延長や65歳までの定年延長を行う企業などに対する支援の実施が盛り込まれたことを受け、当助成金を創設し、65歳以上へ定年引上げ等を行う企業に対して重点的に支援を行うことで、65歳以降も希望者全員が安心して働ける雇用基盤を整備するとともに「障害現役社会」の構築を図ります。

助成金概要
平成28年10月19日以降に労働協約又は就業規則に以下の制度を規定し、制度を実施した場合に助成します。
65歳への定年引上げ ・・・・・・ 100万円
65歳以上背の定年引上げ又は定年の定めの廃止・・・・・・ 120万円
希望者全員を66〜69歳まで継続雇用する制度の導入・・・・・・ 60万円
希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入・・・・・・ 80万円

詳細の問い合わせは角都道府県支部 高齢・障害者業務が窓口ですが、当社におきましてもご対応を致しますので、おい気軽にご相談ください。

  • 前へ
  • 次へ

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら