経営戦略サポート:経営計画書作成

資金繰り計画

企業経営における資金の収支を的確に把握し、将来の資金計画に役立てるためには「資金繰り計画」が必要です。
資金繰り計画
「決算書や試算表では黒字になっているのに、全然お金が足りない…」といった感想を
経営者さんがよく言われます。

収益(売上など)と費用は、実際の現金の出入りとは異なる基準で計上されるために
そういった事態が起こってきます。

そこで、税理士法人 悠久 杉本会計事務所では、現状分析から改善提案や借り入れの交渉まで、
資金繰りに関しての手続きをト−タル的にサポ−ト致します。
資金繰り計画

会社にとって売上や利益は大切ですが、いくら売上を上げている会社でも、資金繰りがよいとは限りません。
日々資金繰りに頭を悩ませている経営者さんも多いのではないでしょうか。 会社の経営にとって利益計画と資金繰り計画は車輪の両輪のようなものです。
適切に資金繰り計画を立てることによって、将来の資金が明確化・数値化されることによって、資金繰りの不安から解消されます。


資金不足になる可能性をいち早く察知することが大切です。

来月の資金繰り計画だけでなく3カ月後、半年後、1年後の資金の状況を経営者が把握していなければ、的確な投資判断をすることも、戦略的な資金繰り計画を立てることもできません。
もし、資金調達をすることができても、ある日突然、資金繰り悪化に見舞われ、信用失墜を招いてしまう恐れもあります。
長期の資金繰り計画を立てることによって、借入返済や納税のスケジュ−ルを確認できるようになり「先の見えない資金繰りの不安」を払拭することができます。

銀行融資支援

銀行融資支援

銀行融資を受けることは決して簡単なことではありません。

「銀行融資」は、企業経営における資金繰りの中で重要なファクターです。とはいえ、長引く不況も影響してか、銀行融資を受けることは決して簡単なことではありません。上の写真のような悩みをお持ちのお客様も多いでしょう。 地域に密着している当事務所では、中小企業の支援にとても熱心な地方銀行や信用金庫、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)などの金融機関とのお付き合いを大切にしております。融資を申し込むにあたっての的確なアドバイスはもちろんのこと、事業計画書などの各種書類作成のお手伝いもさせていただきます。

キャッシュフロー・シミュレーション

A社は、接客型のサービス業で都心部に複数店舗を構えて営業し、商圏には同業者が多く競争が激しいなか、法人設立当初より着実に実績をあげておられました。

数年前より、徐々に売上が減少。複数ある店舗の固定費と設備資金の借入返済が資金繰りを圧迫するようになってきました。新たな資金調達ができなければ、数ヵ月後には資金がショートしてしまうような状況にまでなっていました。
そのような状況のなか、経営者様より「新しい場所に店舗を集約し、固定費を削減してキャッシュフローを改善したい」というお話がありました。簡単に店舗を集約して固定費を削減するといっても、既存の店舗の内装や設備のほとんどは使うことはできず、新たな設備投資が必要な状況でした。設備資金の返済や運転資金の返済も残っているなかで、新たな設備投資の資金を調達できるかどうかが最大の問題でした。
開業当初に設備資金の融資を受けた金融機関へ設備資金の追加融資を申し込みましたが、新規融資には応じられないという回答でした。

これまでは、経営者様の方で売上の予測や大まかな資金繰りを考えながら経営をされておられました。しかし、金融機関に提出できるような説得力のある計画書は存在しませんでした。

そこで、経営者様の思いを具体的な数値に置き換えることのできる経営計画書の作成を提案しました。集約後の売上計画、経費計画、そして何よりも重要な設備計画と資金計画を具体的な数値として経営計画書に落とし込みました。何度も計画を練り直した結果、無理のない売上計画で既存の借入金と新たな設備資金の返済計画をたてることができました。

経営者様の思いを込めた経営計画書を数年前から取引を始めた金融機関の担当者に手渡し、その数日後には融資の審査が通ったとのご連絡を頂きました。

毎月の月次決算までをほぼ自社で行える体制になっていたため、現在では、毎月の実績と売上計画・経費計画をチェックし、将来の資金繰りを予測することができるようになり、経営者様が安心して事業に集中できるようになりました。

B社では、毎期その年度の経営計画を自社で作成し、毎月の実績数値と計画の差異をチェックする体制は整っていました。
業績は、毎年ほぼ黒字決算で収益モデルはしっかりと確立されている企業でした。しかし、そのような毎期黒字の企業であっても、将来には不安を感じておられたのです。
特に、B社では毎年継続して膨大な金額の設備投資が必要で、将来の資金繰り(キャッシュフロー)に不安を感じておられました。

当事務所では、数年先までの資金繰りを中心とした中期経営計画書の活用をご提案しました。まずB社には、必要な5年分の以下の計画を作成していただきました。

・売上計画 ・経費計画 ・人件費計画 ・設備投資計画 ・借入金計画

そして当事務所で経営計画書(年度ごとの損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、借入金返済計画書)を作成しました。
この場合、企業様自身では、「利益、減価償却費、税金の支払いそして借入金の返済など」が複雑に絡み合った資金計画をたてることは至難の業ですが、当事務所が中期経営計画書の作成をお手伝いすることで、5年先までの数値に裏付けされたキャッシュフローを把握することができるようになりました。

現在では、半年に一度、中期計画の見直しを行って、不安を感じることなく計画通りに設備投資を行い、余剰資金で借入金の一部を返済するなどの積極的な経営を行うことができるようになりました。

C社は金属製品を製造しており、数年前には、既存の製品市場から新たな製品市場へのシフトをしたいという専務様の提案で新たな設備投資を行い、営業活動をされていました。その結果、売上が徐々に新しい製品市場へシフトするようになりました。 専務様は、技術や営業においては非常に有能な方でしたが、財務の面は苦手な分野でした。近い将来にご自身が後継者として会社を経営する上でとても不安を持たれていました。

当事務所では、経営計画書を活用することで専務様の頭の中で考えておられることを具体的な数値計画に置き換えるように勧めました。

専務様の思い描く売上計画、経費計画や設備投資の計画などをもとに5カ年の中期経営計画書を作成しました。考え抜いた結果、一つの納得のいく中期経営計画書が完成しました。その計画には、売上計画や資金繰り(キャッシュフロー)予測に基づいた設備投資の適正時期や従業員の増員時期、さらにその際の資金計画までが織り込まれたものでした。

現在では専務様が社長になられ、作成した中期計画を日ごろから意識して経営できるようになられたとのことです。

今では、社長様からは「会社の目指すべき目標が明確になった」という言葉を良く耳にします。

キャッシュフロー・シミュレーション

キャッシュフロー・シミュレーション

将来の資金収支を的確に見積もり、資金不足に備えて対策を立てることを「資金繰り計画」とするならば、キャッシュフロー・シミュレーションは企業経営全体を捉え、経営計画の一環として活用できる資金計画の手法となります。「資金繰り計画」の項でも述べたように、決算書や試算表の売上や費用は、実際の資金収支と異なったものになります。では、経営者の方が経営計画を策定し、経営が計画通りに遂行された場合、その損益と資金収支のズレは一体どのように推移するのでしょうか。

この推移を分かりやすくするため、中期5ヵ年計画または単年度計画を策定し、その計画通りに推移した場合の現金預金残高を目に見える数値で表現したものが、キャッシュフロー・シミュレーションです。

こうすることで、事業計画を策定する場合に、どの時点で資金調達が必要になるかなどを明確に把握することができます。

お客様の喜びが、当事務所の喜びです!

当事務所にとっての喜びは、「杉本会計さんに相談したおかげで、意外とすんなり融資を受けられた」など、お客様からいただく数々の喜びの声です。これからも銀行融資支援ならびにキャッシュフロー・シミュレーションを通じて、質の高い正確な資金繰り計画を策定していただけるように、最大限サポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

【経営戦略サポート】に関することなら当事務所におまかせください! TEL:06-4301-1515 【受付時間】AM9:30〜PM6:30(土日祝日はお休みです) メールはこちら

各部門のプロフェッショナルが、万全のサポートをいたします。

pagetop

杉本公認会計士事務所

〒546-0002 大阪府大阪市東住吉区杭全3丁目4-4

アクセスマップ

成功するホームページ制作はこちら