COLUMN

コラム

2021.12.01

ポイント収入には税金がかかる ???

私たちの生活に根付いている「ポイント制度」。よく行くお店のポイントカード、クレジットカードやスマホ決済、電子マネーの利用に応じてたまるポイント、更にはポイントサイトなどのポイ活でもポイントが貯まります。さて、これらのポイント収入には税金がかかるのでしょうか?

 

基本的には、ポイントがたまった時点では、税金がかかりません。

ずっと税金がかからないのかというと、そういうわけではなく、ポイントを使用したときに様々な課税関係が発生します。

 

課税対象となり、確定申告が必要となるポイントとしては

・クレジットカードの利用で貰った共通ポイント

・アンケートの回答等で貰ったポイント

・ポイントアプリ等で獲得したポイント

などがあります。これらのポイントは「値引き」という性質のものではなく「経済的利益」に当たるとして所得税の課税対象となります。

ただし、課税対象となったからといって絶対に確定申告が必要かというとそういうわけではありません。獲得したポイントが一定金額を超えた場合に確定申告が必要となります。

 

現在のところ、ポイント課税に関する細かい法律は制定されておりません。「ポイ活で副収入を得たい」と考えている人は、税制改正をはじめとした最新の税金情報をチェックしておくと良いかもしれません。

 

 

 

大阪の税理士 杉本会計事務所
大阪市東住吉区杭全3-4-4

企業第三課 監査担当 山本彩乃

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

受付:平日 9:00~18:00
(祝日・年末年始は除く)