SERVICE

よくお受けするご質問

対応地域はどの地域ですか?

大阪府下が中心ですが兵庫県や京都、奈良、和歌山などにもお客様がおられます。

顧問契約をされているお客様にはどういった業種の方が多いですか?

創業1985年事業歴35年の中で業種に限定をせずにお客様を大切にしてきた関係で、多くの業種のお客様がおられます。業種が異なっていても会計の基本は同じですので、顧問としてのサポートは同様に提供させていただいております。

顧問料はいくらですか?

会社の規模(売上や従業員数)、経理処理の自計化率やお客様の会社を訪問(来社)させていただく回数などを相談して決めさせていただきます。その際に記帳代行のご希望があれば顧問料に別途でサポートさせていただきます。

個人様の顧問料

毎月の顧問料 15,000円~25,000円、決算料60,000円~ (税別)
必要であれば 記帳代行料 10,000円~ (税別)で契約される場合が多いです。

消費税の課税事業者であれば 消費税申告料簡易課税を選択の場合 30、000円 (税別)
お契約をされる場合が多いです。

法人様の顧問料

毎月の顧問料 25,000円~30,000円、決算料100,000円~(税別)
必要であれば 記帳代行料 10,000円~ (税別)で契約される場合が多いです。
消費税の課税事業者であれば 消費税申告料簡易課税を選択の場合  30、000円 (税別)
で契約をされる場合が多いです。

顧問料にはどこまで含まれますか?

お客様の会社を訪問(来社)しての会計データの監査と指導、決算書の作成と申告、一年を通じて経営に関する相談や融資、資金繰りなどのご相談が含まれております。
※記帳代行、給与計算、年末調整、税務調査立会等の報酬は別途でございます。

顧問料が安いと感じますがなぜ安いのですか?

入力作業は会計専門のスタッフ、相談業務は税理士や担当者というように役割分担をすることで、品質を保ちつつコストを抑えることができます。顧問料は初年度応援価格や小規模業者支援価格というコースをご用意しています。

相談できる回数の制限はありますか?

お客様とのコミュニケーションを大切にしていますので、メールや電話をいただくのは大歓迎です。お困りごとは何でも何度でもご相談をお待ちしてます。

融資の支援をしてもらえますか?

政府100%出資の政策金融公庫と信用金庫、地方銀行など提携関係にあります。お客様の事業規模と融資額に合った金融機関をご紹介いたします。融資を受け易い事業計画書の作成をご提案いたします。

経営戦略はどのようなサポートを行っていますか?

お客様と一緒に事業計画を立てるほか、資金繰りのアドバイスも含めて、全面的なサポートを行っています。過去の実績から課題を見つける「過去会計」が一般的です。一方、将来なりたい会社の姿を明確にして達成するために事業計画や目標を立てるのが「未来会計」です。杉本会計では、「未来会計」を用いて経営サポートを行います。

税理士の変更を考えていますが決算が終わってからがいいでしょうか?

年度の途中からの変更でも全く問題はありませんので、いつでもご相談ください。

経理の仕事を丸投げできますか?

もちろん対応させていただきます。
社内に会計部門がありますので、領収書、請求書、売上がわかる資料、経費の領収書、銀行預金帳のコピー(CSVデータ)、カード会社の明細表(CSVデータ)などをお渡しください。

税務調査の対応を教えてください?

税務署から指摘されるのは①売り上げの漏れや期づれ②在庫や仕掛品の計上漏れ③経費の架空計上やミスなどがほとんどです。これらが故意に行われたのかミスなのかが問われます。
税務調査は経験豊富な税理士が、調査の事前準備として、調査官が調べることを想定して、お客様と資料の確認作業を行います。政務調査当日は、できる限り質問にはお客様に代わって税理士が回答を調査当日に備えます。税務調査は一般的には2日間行われますが、税理士が最後まで立会を行うので安心してください。現場調査終了時に、大まかな指摘事項など調査官の見解が示されます。
それで終わりではなく、調査官が署に戻って検討する事項もあり、最終的な指摘事項は2~3週間後に税理士に連絡が入り、税務署の見解が示されます。それを聞いてお客様に伝えますが、見解の相違でお客様が受け入れられないということでしたら杉本会計では、お客様の側に立って折衝を繰り返しいたします。
しかし、税務署の指摘が無理なものでなければ、納税額、調査終了時期などを考慮して、調査を早く終わらせるほうが生産的だと考えています。

資金繰り対策は何をしてくれますか?

お客様からご相談で一番多いのが資金繰りです。問題を解決する為に「資金繰り表」を作成することを提案します。期間は1か月先、半年先、お客様の状況によって1年先などです。将来のお金の動きがわかれば、融資を受ける際も計画的に進められるので、資金繰りで困るということがなくなります。

経営サポートは何をしてくれますか?

決算書や試算表から現状分析をして、お客様から事業内容やビジネスモデル、強み、弱みなどをヒアリングいたします。そのうえで問題解決ができるようにご提案をいたします。ご要望があれば、さらに未来会計を用いて提案書や設計図を作成してご提案いたします。

税務署への届出書の作及び提出には別途料金が発生しますか?

届出書の作成・提出は顧問契約の中に含まれており報酬は発生しません。
※但し、法務局への登記を伴うものについて登記を行った場合の登記費用は別途請求となります。

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

受付:平日 9:00~18:00
(祝日・年末年始は除く)