COLUMN

コラム

2020.12.11

家族信託専門士の認定講座に参加してきました

家族信託専門士の認定講座に参加してきました。

 

家族信託は、比較的耳新しい制度ですが、後見人制度や遺言書では補いきれなかった高齢になった親などの資産管理に風穴を開ける制度として注目されています。

 

高齢や認知症などで、万が一自分自身で財産の管理ができなくなってしまった場合でも、自分の財産をご家族などの信頼できる第三者に託し、将来にわたって財産の管理をしてもらうことが可能で、財産が棄損することを防ぐことができると期待され利用されています。
認知症対策や、複雑な管理が必要な財産の相続前承継(管理権限のみ)として多くの方に利用されています。

 

  • 高齢になってきたので財産の管理を信頼できる子供に任せたい
  • 元気なうちに財産管理を信頼できる家族に任せたい
  • 遺言では実現できない、柔軟な資産継承がしたい
  • 複数人で共有している不動産や株式をどうにかしたい
  • 会社を後継者にうまく引き継ぎたいが方法がわからない
  • 障害を持つ子がいて、将来の財産管理を心配している大阪の税理士 大阪市東住吉区杭全3-4-4相続税担当税理士 山下健輔【大阪市、天王寺区、阿倍野区、住吉区、平野区、東住吉区などで税理士をお探しなら】
  •  
  • 税理士法人悠久杉本会計事務所
  • 認定講座を終えて、家族信託普及協会に登録を致しました。
    ご自身の資産管理でお悩みを抱えておられる方のお役に立つツールがまた一つ増えたと感じております。

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

受付:平日 9:00~18:00
(祝日・年末年始は除く)