COLUMN

コラム

2021.05.06

税務署への提出書類の押印について改正がありました。

税務関係書類については、これまで提出者等の押印をしなければならないこととされていたが、2021年度税制改正により、41日以降、一定の税務関係書類を除いて、押印を要しないこととされた。

一定の税務関係書類とは、

(1)担保提供関係書類及び物納手続関係書類のうち、実印の押印及び印鑑証明書の添付を求めている書類、

(2)相続税及び贈与税の特例における添付書類のうち財産の分割の協議に関する書類。

 

4月1日以降の手続きに際しての注意事項

 

(1)押印欄のある様式も、引き続き印刷して使用できるが、この場合も、上記で引き続き押印を求める手続きを除き、押印欄への押印は不要。

(2)税務署窓口にて備置き又は配布している様式は、当面の間、既に刷成済みの押印欄のある様式も使用している

 

3)ホームページ掲載様式や税務署で配布する様式が押印欄のないものに更新された後でも、過去に入手又は印刷した押印欄のある様式を使用することは問題ないこと。

 

(4)押印が不要である税務書類について、任意で押印しても差し支えない。

 

(5)振替依頼書やダイレクト納付利用届出書については、金融機関からの求めに応じ、引き続き金融機関届出印の押印を求めていることなどだ。

 

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

受付:平日 9:00~18:00
(祝日・年末年始は除く)